No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No168.Dog Ear #18(死の狭間にみる生)

2011/02/13 22:41

まにドラマを観て目頭が熱くなることはありますが、書籍を読んでここまで涙したのは、初めてかもしれません。故戸塚洋二さん著、『がんと闘った科学者の記録』を、皆さんにご紹介したいと思います。




戸塚さんは、ニュートリノに質量があることを世界で初めて発見した物理学者です。以前から、「最もノーベル賞に近い日本人」との下馬評を受けながらも、戸塚さんの恩師、小柴さんが先にノーベル賞物理学賞を受賞し、戸塚さんは自身で賞を手にすることなく、2008年に末期癌で逝去されました。

戸塚さんは、闘病生活中にもかかわらず、科学や植物、教育、宗教などに対するお考えと、ご自身の癌進行の過程をブログに綴られており、その一部を、立花隆さんが編纂して出版したのが、この書籍です。

健康体の私にとって、余命数ヶ月を宣告された「自分の姿」を想像することは難しいのですが、余命数ヶ月を宣告され、考え、思い、信じ、行動された「戸塚さんの姿」を想像することはできます。うーん、結局、他者の経験を自分に移しかえることなんて、畏れ多くてできないんでしょうかね。

いくつか印象に残った箇所を引用します。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No167.Dog Ear #17(翻訳)

2010/10/03 23:03

訳本、『戦略は直観に従う』の上梓から、1週間近くが過ぎました。これまでお世話になった方々に、ようやく上梓のご挨拶メールを送信することができました。その他、メーリングリストやSNSなどにも流したので、かれこれ4000人ぐらいの手元にご案内が届いているはず。
その結果、お祝いの言葉は方々から多数頂いているのですが、読後の感想はまだなので、みなさんがどのようにお感じになられているか、ちょっと気になるところです。誰か早くAmazonのカスタマーレビュー、日本語で書いて~。



Financial TimesWall Street Journalの書評は、私の日本語訳をウェブサイトにアップしてますので、ご参照下さいませ。)

どのような過程を経て、翻訳本出版に至ったのか、その経緯は追々このブログで綴るとして、今回は翻訳にまつわる名言をご紹介したいと思います。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No163.Dog Ear #16(アイディア)

2010/03/07 23:50

ログの更新が滞っていると、知り合いから「もうブログやめちゃったの?」と聞かれます。やめるつもりはなく、単に最近、心が動く瞬間が少なく、ブログを書くほどの生活を送っていないだけです。

唐突ですが、Eprintable.comでは無料でカレンダーをプリントアウトすることができます。同様のサービスは他にもありますが、私が気に入って使っている理由は、有名人の格言を挿入できるから。会社の個人ブースに貼り付けています。

今回のDog EarはEprintableの格言から。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No159.Dog Ear #15(変身)

2009/11/01 15:15

日のゴルフ(雑誌取材?事件)は電車移動で、帰りの電車では一人の時間を読書に充てました。私、読書している時に、近くに知り合いがいる状況って落ち着かないんです。が、運良く私以外の6名は全員爆睡しています。しめしめ。

読み耽っていると、あっという間に電車の終点が近づき、車内アナウンスが流れます。そして、爆睡していた一人が目覚め、私の読書に気づきます。隠しておきたかったのですが、聞かれると答えざるを得ません。

「何読んでるの?」
「えっ、あっ、そのー。XXXです。」
「・・・まじ?君、渋い趣味してるね。」


何を読んでいたか気になる人は、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No151.Dog Ear #14(市民)

2009/09/01 02:15

主党が歴史的大勝を収めた、今回の衆議院選挙。私は残念ながら、投票できませんでした。というのも、住民票を実家から、現在の居住地に移しておらず、投票のためだけに実家に戻るのも億劫だったから。
棄権する度に、学部時代の教授の言葉を思い出します。今日のDog Earは、10年以上前のお言葉から。

政治学科を卒業する諸君の殆どは、政治や行政とはかけ離れた職業に将来就くことでしょう。
では、政治学科で学んだことが無駄になるのでしょうか。政治や行政に携わる人だけが、政治学を活かせるのでしょうか。
私は違うと思います。政治学を学んだ諸君は、例え政治や行政に直接的に携わらずとも、他の誰よりも「良き市民」でありうるのです。


次回選挙前までに、住民票を移そうと心に誓いました。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No147.Dog Ear #13(結晶化)

2009/08/07 23:12

、非常に面白い仕事をさせてもらっています。こんなに今までやりたくてできなかったことが、転職して最初の仕事で回ってくるとは、私は本当にラッキーです。

お陰で、Dog Earシリーズに登録したくてできなかった言葉の意味を、ようやく咀嚼できるようになりました。おそらく今、仕事に対する気持ちがポジティブであり、かつ良い意味で肩の力が抜けていて、自省するゆとりがあるからでもあるのでしょう。

さて、その言葉とは?

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No104.Dog Ear #12(交渉)

2009/02/24 18:30

脈から話者の意図を汲み取るというのは、本当に難しいですね。

今学期、Managerial Negotiationという授業を履修しています。いわゆる交渉術です。ロールプレイング型のエクササイズが毎回行われ、様々な状況設定下で、パートナー(同じ授業の履修者が毎回アサインされる)と交渉を行います。

先週は、韓国人で金融業界にお勤めの同級生とパートナーを組んで、エクササイズを実施しました。状況設定は、私がバイヤー(テレビ・プログラムを購入し放映する立場)、韓国人がセラー(テレビ・プログラムを製作し売り出す立場)で、ライセンス・フィーや支払ターム、放映回数など、様々な交渉アイテムがあるものでした。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No102.Dog Ear #11(不道徳教育)

2009/02/14 20:47

最近巷で脚光を浴びている「社会起業家」(Social Entrepreneur)という言葉。何となく単語は知っているけれど、社会起業家の定義が曖昧な方も多いのではないでしょうか。

MBA最終学期、私はSocial Entrepreneurshipという授業を履修しています。非営利団体(NPO)を立ち上げることを意味するのかなぁ、という程度の理解で、シラバスをきちんと読まずに履修してみたこの授業ですが、意外と発見が多く、創造性を掻き立てられます。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No92.Dog Ear #10(言葉と愛情)

2009/01/22 08:50

近、「言葉の力」について考えさせられる出来事がいくつかありました。日本語の「力」は、英語だとPowerでもあり、Forceでもあったりします。すなわち、言葉とは、人を感動させ、動かすPowerであると同時に、(自分を含む)人を傷つけたり、拘束するForceにもなりうるわけです。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No76.Dog Ear #09(抱負)

2008/11/24 15:32

ちらNYに留学してから、幾度となく飲みすぎ・二日酔いに悩んできました。が、今回は三日酔いに近いです。特別編です。

その理由は・・・。誕生日だから。しかも30歳。

毎年恒例で、誕生日に1年の抱負を掲げている私ですが、酔っ払って危うく今年は忘れるところでした。
仲良しのラーニングチームメイトが、「お前の誕生日なんだから、俺に祝わせろ。っていうか、俺の奢りの酒が飲めないなんて、言わないよな?」と言って、夜な夜なクラブに連れ出されてしまった私。もちろん、出てきたのは、そう。ウォッカです。ウォッカーズの悲劇、再々来か???

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。