No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No85.投資 vs. 消費

2008/12/14 16:15

う言えば、誰かが言ってました。

MBAって、誰もが当たり前のように「将来の自分のキャリアへの先行投資」と捉えるけれど、「人生最大の消費」と捉えれば、もっと楽しく・自由に過ごせるのにね、って。

同感です。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

話題は変わりますが、皆さん、宝くじって購入したこと、ありますか?
私、頭の固い確率論者のため、期待値が1を下回る賭け事はしないのです。もう少し正確に言うと、自分で期待値をコントロールできず、かつ平均期待値が1を下回る賭け事はしません。したがって、コントロール可能性の比較的高い株式投資は行っていましたし、(一応自己責任が追えるため)競馬には賭けたことがあります。

でも、これって、賭け事を「投資」と捉える人間の偏った理屈ですよね。「消費」と捉えれば、賭け事だって立派な価値があるわけです。宝くじを買って、発表当日ドキドキしながら当選番号を確認する瞬間、とか、もし1等が当たったら何をしようと夢を見る瞬間とか、ちょっとだけ気持ちが豊かになりますよね。グルメや音楽同様、宝くじも生活を豊かにするツールなのではないか、と気づきました。
今年の年末は日本に帰国するので、年末ジャンボ宝くじを購入してみようかな。

ちなみに、年末ジャンボ宝くじの期待値って、0.6ぐらいなんですね。初めて知りました。期待値は0.3ぐらいで、発行者がぼろ儲けしているのかと思っていました。意外にちゃんと購入者に還元しているんですね。

以下、試算結果です。上表の単位は100万円です、下表は1円です。

JumboLottery.gif

今回は、ジャンボ30年感謝賞という特別賞があります。上表左は特別賞を勘案した今年度の収益、右は特別賞を設けないその他年度の収益です。

<超適当なAssumption>

-- 発行額は2100億円分。うち、売れ残り5%と仮定。
-- 発行額の5%が発券コスト(1枚300円で販売し、1枚あたり15円が印刷代・紙代等の費用)
-- 全国に1000の出店所があり、1日あたりの出店所運営費用(含む人件費・場所代)を1万5千円と仮定。販売日数は25日間。
-- 広告・宣伝費は、よく分からなかったので適当に2億円と仮定。
-- 当選者の5%は換金を行わないと仮定。(人数ベースだともっと多いのかもしれませんが、金額ベースです。高額当選者ほど換金率が高くなると考え、5%にしました)





コメント

  1. Keni | URL | -

    Re: 投資 vs. 消費

    αからきました。はじめまして。

    私も宝くじは絶対に買わない派で
    かなり言い方は悪いですが
    いわゆる「愚か者の税金」と
    捉えていました。

    でも、確かにどきどきを買う商品だって
    考えたら、消費として捉えられますね!

    すごい頭の中がすっきりしました。
    ありがとうございました。

  2. KicoS | URL | -

    Re: 投資 vs. 消費

    Keniさん

    はじめまして。Alpha-leadersからのAccess、ありがとうございます。

    投資と消費って、実は相違点が曖昧ですよね。
    投資って消費を包含する概念なのではないか、と最近考えるようになりました。

    特に消費財って、直接的なReturnはないけれど、人の心を豊かにしたり、考え方を柔軟にしたりする副次効果があるため、長い目で見れば、投資と呼べるのかもしれない。ただし、「明示的にReturnを追い求めない」姿勢がないと、消費財の効用って減ってしまうのかも。

    賢い消費ができるようになりたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/85-37a6a5e7
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。