No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No76.Dog Ear #09(抱負)

2008/11/24 15:32

ちらNYに留学してから、幾度となく飲みすぎ・二日酔いに悩んできました。が、今回は三日酔いに近いです。特別編です。

その理由は・・・。誕生日だから。しかも30歳。

毎年恒例で、誕生日に1年の抱負を掲げている私ですが、酔っ払って危うく今年は忘れるところでした。
仲良しのラーニングチームメイトが、「お前の誕生日なんだから、俺に祝わせろ。っていうか、俺の奢りの酒が飲めないなんて、言わないよな?」と言って、夜な夜なクラブに連れ出されてしまった私。もちろん、出てきたのは、そう。ウォッカです。ウォッカーズの悲劇、再々来か???

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

今回は、宙に吊るし上げらなかっただけ、ましでした。とは言え、やはりウォッカのストレート200mlぐらいを一気飲みするのは、さすがに胃に沁みます。来年は養命酒に変更してもらおうかしら。アップロードファイル

ウォッカーズの悲劇 その1は こちら
ウォッカーズの悲劇 その2は こちら

閑話休題。

昨年(29歳)の誕生日の抱負は、ブログに公表した通り、「大胆に生きる」でした。
正直、やりたいことの半分もできていませんが、それでも自分なりに「大胆」ではあったかな、と。

今年(30歳)の抱負ですが、これに決めました。

ハングリーに生きる


私が大学卒業してまもなく、60歳過ぎの方にインタビューしたことがあります。私は、当時・そして今も変わらぬ夢を持っていて、その夢に近づくために、お知恵を拝借しようと思ったわけです。もちろん、業界インサイダー情報を多数教えて頂いたのですが、最も心に残ったのは、この言葉でした。久々に思い出したので、Dog Earに登録しておきます。

KicoSさん、あなたの世代は可哀想だ。

私が生まれた頃は、戦時中だったから、物心ついた時には、何もなかった。食べるものも、住む場所も、着るものも。アメリカという大きい背中を見ていたから、我々の世代には明確な目標があったんだよ。
でも、あなたが生まれてから新しく世の中に出てきたものと言えば、携帯電話とインターネットぐらいでしょう。生活に必要なものは、基本揃っている。

何が足りなくて、何がほしいか一番良く分かっている人間が、これからは活躍する時代だよ。出る杭は打たれるけれど、出過ぎた杭は誰も打たないから、大いに頑張りなさい。


これまではMBA留学という目標がありましたが、留学の夢が叶って、しかも生活にも少しずつ慣れてきて、最近の私は少しハングリー精神が欠けていたのかもしれません。戒めの意を込めて、今年はハングリーに生きようと思います。



Dog Earとは?
英語で、書籍のページの端っこを折り曲げることを、Dog Earと言います。書籍や人とのコミュニケーションを通じて出会った、心に残る言葉を書き留めておくシリーズです。

Dog Earシリーズの過去履歴

第1回(経験): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-18.html
第2回(資産と遺産): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-20.html
第3回(情熱): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-21.html
第4回(経営): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
第5回(創造と逆境): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-42.html
第6回(幸せな敗北者): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-54.html
第7回(傾聴): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-59.html
第8回(最後の授業): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-63.html




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/76-6b60fd93
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。