No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No61.雨後のたけのこ

2008/10/03 12:42

育業界というのは、参入障壁が比較的低く、教育サービスを提供するプロバイダーは数知れず。こういう状況を、「雨後のたけのこ」とでも言うのでしょうか。

MBAもご多分に漏れず。しかも困ったことに、たけのこはお互いを真似しようとするため、一見するとどれが美味しいのか、判断がつきません。

ということで、たけのこソムリエになった気分で、コロンビアMBAの特徴を 日本語Website で紹介しています。MBA受験生の皆さん、ご堪能あれ。

特に、コロンビアのケースワークに関するDean Hubbardの見解は、同感、共感、大賛成。

従来型のハーバード・ビジネス・スクールのケースに対する、痛烈な批判は、お見事ですね。HBSのケースみたいに、はじめっから、こんなに情報を大量に与えられて、「はい結論出して下さい」なんて状況、現実ではほとんどないわけで。
限られた情報に基づき、物事の本質を見抜き、仮説を設定し、仮説に基づいて検証し、意思決定に結びつける。仮説設定には、経験に基づく勘所が必要で、これは自分自身の経験だけでなく、多くの実務家との対話を通じて、「盗む」しかない。

というか、Hubbardの見解が、自分のコロンビア志望動機とピッタリ一致していて、怖いくらいです。
この一致は、偶然でもあり、必然でもあるのかもしれません。Happenstanceですね。

参考: Happenstanceの意味



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/61-4ae122d1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。