No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No235.Ms. Doubt #16(アメリカ再考 その3)

2015/08/22 23:59

き続き、アメリカ中南部の出張回想録。

気づき その3: アメリカにも、安全で清潔で完璧に整備された都市が存在する

アメリカ中南部と言えば、15年ほど前に一度、ニューオーリンズ(ルイジアナ州)に旅行に行ったことがあります。ハリケーン・カトリーナが直撃する前の話。

メキシコ湾に面し、ミシシッピー川の河口に位置する、元フランス領のニューオーリンズ。どれだけ洗練されたジャズのメッカかと思いきや、結構街の道路にゴミが多くて、異臭が漂っていて、ちょっぴりガッカリした記憶があります。まぁ、ジャズを楽しむにはステキな街であることには、変わりないのですが。

ということで、どうせ今回の出張都市も、似たようなもんだろう、と高を括っていました。そしたら、大間違い。

HSV_Landscape_01.jpg

街のどこもかしこも、芝生が入念に手入れされています。市中だけでなく、郊外の人が全く住んでいない場所までですよ。まるで、街中が名門ゴルフコースみたいなところでした。
この都市は、国防・宇宙関連産業で栄えています。そして、NASAのロケット打ち上げなどを紹介する、US Space & Rocket Centerという名前の博物館があります。実際に使われたロケットが、都市の中心地の屋外に、デーーーンとそびえたっています。

HSV_Landscape_02.jpg

現地の方にお伺いしたら、過去のNASAの打ち上げの際、半径2km以内にあった家屋の窓ガラスは全て割れ、屋内の食器なども壊れたことがあるらしいです。

軍事機密を取り扱う方も多く在住しているためでしょうか。サイバーセキュリティーが非常に厳格です。

私のクライアントの社屋も、入り口に物理的なゲートがなく、きれいに刈られた芝生の小道を車で通り抜けるため、本当にゴルフ場に来たような錯覚です。一瞬、開放的に見えるのですが、実は通行する人や車は全て事前にデータ登録されていて、通行する度に自動認証しているのだとか。

街中が整備されているのも、きっとテロ対策とかで、不審物を置かれないように、芝を刈っているのかしら?と、邪推してしまいました。

整備された都市と言えば、東京、京都、シンガポールなどを思い浮かべる人も多いと思います。が、アメリカの地方都市にも、一段上のクリーンな街があるとは。

世の中、知らないこと、知らない都市は、まだまだ沢山ありますね。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/235-967daf4b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。