No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No232.お願いドラえもん! #2(アメリカ拷問出張)

2015/07/18 02:25

々にアメリカに上陸します!5泊7日の出張です!どれくらい久しぶりかというと、MBA卒業して以来、6年以上のご無沙汰です。

もともと、時差にめっぽう弱い性質なので、MBA卒業後に日本に戻ってきてからは、アメリカの仕事を手掛けるのは控えていました。起業して、アジア注力にしたのも、実は時差が主因です。Quality of Lifeに直結しますからね。

が、今回ばかりは次元の違うスケールの仕事なので、いろいろ迷った挙句引き受けることにしました。ただ、どうもアメリカ出張のモチベーションが上がらない。。。

Airline.jpg

一つ目の理由は、フライト時間。往路は18時間、復路は17時間です。
しかも、空席がほとんどなくて、往路・復路ともに真ん中の席。しかも、エコノミーからビジネスクラスへのアップグレードも不可。

そして、機体も古いです。United Airlinesさん、何とかしてほしいです。いつもインドネシア出張(平均して1~2ヶ月に1回の頻度)は、ANAのボーイング最新機体787を使うようにしていて、加圧してくれて体の疲れがたまりづらく、快適でした。加圧のない機体に乗ると、疲れるし、しかも骨折したアゴの古傷も痛むし、もう拷問としか言いようがないです。

そして二つ目の理由は、食事。今回の出張先はアメリカ中南部です。おそらく肉料理ばっかりなんだろうなぁ、と。魚料理を日本で食べ溜めしておこうと、今から決意。やっぱり、食事もQuality of Lifeに直結するので、大事です。

せめてトランジット先で快適に過ごせないかと思ったのですが、往路のシカゴ、復路のデンバー共に中部都市なので、全く期待できず。

少しでも快適な空の旅にしようと、久々に機内で読書するために、本を購入してみました。時差ボケ防止のために、特に往路は機内で極力寝ないようにしなければならないので、小難しい本は避けて、軽いタッチのものをチョイス。

また、滞在中のストレスを少しでも軽減する目的で、アメリカのSIMカードを事前購入することにしました。携帯からネットにつながらないと、何かと不便ですしね。

Mobile Virtual Network Operator (MVNO) は、アメリカでも業者が多いのですね。選択に迷ってしまいましたが、AT&Tから帯域を借りているMVNO業者のH2OのSIMカードにしようかと思っています。アメリカ地方都市に夜9時過ぎに到着して、空港でSIMカードを売っているお店がないリスクがあったので、日本で購入できるアメリカSIMカードを探したところ、H2Oが良さそう。モベルのSIMカードなども検討しましたが、圧倒的にアメリカ現地のSIMカードの方が、お得。

それにしても、インドネシアで購入したSIMフリーのスマートフォン(サムソン製)に、アメリカのSIMカードを挿す日が来るとは、思ってもみませんでした。

いろいろ書きましたが、結局モチベーションは上がらず、自分が海外渡航嫌いなことを、改めて自覚しました。っていうか、移動時間って、人生のムダにしか思えないんですよね。

世の中の海外出張常習者の皆さんは、どうやってサバイブしておられるのでしょうか?秘訣をお聞きしたいです。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/232-bb64b032
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。