No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No226.ソーシャル・メディアの功罪

2015/03/31 22:11

更ですか?とツッコミを入れられそうですが、最近、メールでのコミュニケーションについて、難しさを感じています。

コンサル会社に勤務していた頃は、「構造化」を意識した思考回路が蔓延していたので、メールの書き方もこれに則っていないと、イラっとされたものです。

ところが、コンサル会社を辞めて、社外の人とのメール往復が増えると、世の中の人のメールの書き方って、なんて分かりづらいんだ、と感じることが多々あります。

特に、普段Facebook MessengerやLINEなどのインスタント・メッセンジャーを多用している方や、女性の方に多く見受けられます。

要は、会話好きで、会話の延長線でメールを使っているのでしょう。1回1回のメールで用件が完結しておらず、そして思いついた時に思いついたことだけ送ってくるので、大量のメール本数が届くことがあります。

また、(他人の批判をできる程の身分でもありませんが)文章が会話調なので、主語・目的語などが抜けていたり、句点であるべきところが読点になっている文章表現が散見されます。

別に、プライベートな内容であれば、それでいいんです。が、それを、仕事メールでもやられるので、本当に読みづらくて仕方がないです。

こちらの読む気力が失せるため、大量の本数のメールが届いても、いつかまとめて読もう、と対応優先度が下がります。困ったことに、こちらが即時でメール返信しないと、どんどん送られてくるメール本数が増え、悪循環に陥ります。しかも、同じ用件で追記したいのであれば、自分が送ったメール履歴を付けてくれば良いのに、履歴ナシで送ってくることもあると、こちらは、全てのメールをいちいち開かねばならず、面倒臭さ倍増。

読みづらいぐらいなら、何とか我慢できるのですが、このような送り主に共通するのが、こちらが送ったメールを的確に読み込めないという点です。いくら構造的に記述し、段落構成も分かりやすくこちらが書いたつもりでも、10行を超えるようなメールになると、メモリー・ショートを起こして全文を読まない人が多いのです。

こういう人はたいてい、読書や、長文レポートなどを読み込めない人なので、取扱説明書などもムリ。頭の中で、文章のロジックを整理しながら、文章を読み進めていくことができません。脳の使い方が、完全にソーシャル・メディア化してしまっています。

メールのやりとりが1対1ならば、ソーシャル・メディア化した脳の相手に合わせて、こちらもメールを分割して送ってあげるなど、工夫もできます。が、多数とのメールやりとりですと、誰か一人の基準に合わせることはできません。

今更ですが、というか、今の時代だからこそですが、皆さん、メールとメッセンジャーは違うのだということを理解しないと、ハラスメントになってしまいますよ。

・・・とここまで書いて思ったのですが、むしろ私のような発想の人間の方が、時代遅れと言われる日がくるのでしょうか?いや、ちがう。忙しい人こそ、集中力をそがれるような、まとまりのないメールをもらうと困るので、メールの先の相手を思いやれない、ハラスメントだと思います。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/226-7125d32a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。