No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No207.勝手に期待してしまう私が悪いのか?

2013/08/12 17:37

々に、日本の飲食店で腹立たしい経験をしました。

普段、こういった類のトラブルは、海外出張先ではよくあることなので、期待値をもともと低く設定している私。なので、「あぁ、またか」ぐらいで、イラつきをやり過ごす術が自然と身についていました。だから尚更、日本でのサービスに対して、反動でどうしても期待値が高まってしまうのです。

先日、とある新興国に赴任している日本人の方が、ビジネスの相談があるということで、東京に逆出張の折に、ビジネスランチをしながらご相談に乗ることにしました。せっかくなので、日本らしい繊細さが感じられる老舗割烹を選んだわけです。そして、知る人ぞ知る場所でリピーターが多いので、ランチで確実に座れるように、席を事前予約しておきました。「1時間程度のお席となりますが、よろしいですか?」とお店に言われていたので、「はい」と答えておく。

ところが、先方が前のアポが押してしまったということで、私は30分待ちぼうけ。来店客の半分は回転した頃、先方がお越しになった。

初対面だったにも関わらず、話は弾む。すると、食事し始めて10分も経過した頃か、店員さんから「あと15分ほどで、ご予約の時間が終了となりますので、お食事中ですがデザートをお持ちさせて頂きます」と一方的に通告される。話しながらの食事なので、メインは3割ぐらいしか食べ終わっていない状態なのに。

でもまぁ、さすがにお店もピークアワーを過ぎて空いてきたので、少しぐらい時間が過ぎても許されるだろう、ぐらいに構えていたわけですよ。そしたら、本当に1時間ぴったり(つまり先方が到着してから30分)で、店員から叩きだされました。大ショック。食事の味も覚えていないくらい。わざわざお越し頂いた先方にも不快な思いをさせてしまい、申し訳なさ満載。

もう、一生この店にはいかないね。こんなお店、日本の恥だわ、ぐらいに憤慨しました。

・・・と思ったら、先日ブログでご紹介した、遙洋子さんの記事に、私の経験をはるかに上回る、壮絶な店員との死闘を繰り広げた軌跡がつづられていたのを発見。共感すると同時に、結局、日本のお店すべてに対して勝手に期待値を上げている私の方がいけないのかな、と考えを改め直しました。

来店客に「シッシ」(手で追い払うしぐさ)をしてしまう飲食店の店員、凄まじいです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/207-b59a05d7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。