No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No197.Ms. Doubt #7(家族の絆)

2012/12/19 17:18

変残念な調査結果を目にして、思わずコメントしたくなってしまいました。

2012年12月15日に内閣府が発表した「男女共同参画社会に関する世論調査」で、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考えに賛成する人が51.6%と2009年の前回調査から10.3ポイント増えたことが判明しました。全世代共通で増進しているのですが、中でも20代は19.3ポイントの大幅増とのこと。内閣府の担当者は「東日本大震災後の家族の絆をより重視する傾向の表れとみられる」と分析しているそうです。

Work-Life_Survey.jpg
本当に家族の絆を大事にしたければ、むしろ「夫は外、妻は家庭」という画一的な考え方にこそ反対すべきと思うのは、私だけでしょうか?私は東南アジアへの出張が多いため、「夫は適当にさぼる、妻はバリバリ働く」という逆転現象を多数目撃しています。南に行くと、なぜか男性が働かないのです。では、日本と比べて東南アジアは家族の絆が弱いのか?そんなこと、ありません。

また、なんでもかんでも、震災に帰着させるのは、ちょっと無理やり感を覚えます。特に20代の賛成票が31.7ポイントから、50.0ポイントに伸びた点に着目してみて下さい。20代だけが強烈に震災の影響を受けたとは思えません。むしろ、若い世代を中心とした就職難・閉塞感が主因ではないでしょうか。

いずれにしても、未婚・バリキャリ女子としては、このような調査結果は「仕事できるけど、可哀想」と世間からラベリングされているようで、悲しいとしか言いようがありません。

家庭と仕事を両立し、充実した日々を過ごしている女性が増えない限り、またはそのような女性がメディアで積極的に取り上げられない限り、若者に顕著なこの保守傾向は変わらないでしょう。未婚の私がこう言うと、何だか他人事・評論家っぽく聞こえてしまうのが、自分でも残念なのですが。。。

今の私にできることと言えば、一時的に家庭に入った優秀な女性を、弊社で雇用するぐらいですが、今後も引き続き、このトピックには注目していきたいと思います。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/197-1f85e6fd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。