No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No173.7 isn't always a lucky number

2011/09/28 00:32

One of my favorite musicians, Newton Faulkner, covers Teardrop originally sung by Massive Attack, the song famous for the repeated Emmy Award nominee House MD, again one of my favorites. When I listen to this song, something weird and spiritual feeling flows into me and then completely goes away, exactly like a tide. Most of his 17 acoustic songs recorded in Hand Built by Robots are lively and neutral except the seventh song “Teardrop”. Even though he is often categorized as “surfer-ish musician”, why does number seven behave in a different way?

The day after the above damn stupid thinking, I woke up in the morning and lost my words. An unexpected email told that one of my classmates at Columbia passed away due to complications of diabetes, the one I formed a team with at International Business class. Many people in the world are born and die in every single moment. Why does only her passing have a special meaning for and bring teardrops to me?

And will teardrops dry out someday as a tide goes away at the end of Newton Faulkner’s song?

I miss you so much, DC.

With my deepest sympathy and with my favorite song for your family,

(日本語の投稿記事は「続きを読む」をクリックして下さい)
Newton Faulkner's Teardrop


Massive Attack's Teardrop


Jose Gonzalez's Teardrop


Love love is a verb
Love is a doing word
Fearless on my breath
Gently impulsion
Shakes me, makes me lighter
Fearless on my breath

Teardrop on the fire
Fearless on my breath

Water is my eye
Most faithful mirror
Fearless on my breath
Teardrop on the fire
Of a confession
Fearless on my breath
Most faithful mirror
Fearless on my breath

Teardrop on the fire
Fearless on my breath

You’re stumbling in the dark
Stumbling in the dark




私の好きなミュージシャンの一人、ニュートン・フォークナーが、「一滴の涙」(原題はTeardrop)というタイトルのカバー曲を歌っています。この曲は、エミー賞常連のアメリカTVドラマ「ドクターハウス」(原題はHouse M.D.)にも使われていて、マッシブ・アタックの原曲です。こちらのドラマも大好きで、DVDでよく観ています。

このTeardropを聞くと、時々、何とも言えない不思議な、そしてスピリチュアルな感覚が、どっと押し寄せてきて、その直後にさっと引いていくのです。それはまるで、潮の満ち引きのような感覚。
ニュートン・フォークナーの「Hand Built by Robots」というアルバムに収録されている17曲の殆どは、軽快なアコースティックなのですが、7曲目のTeardropだけは、なぜか全く異質なんです。ニュートン・フォークナーは「サーファー系ミュージック」と呼ばれることもあるのですが、この7曲目だけが違う。なんでだろう?

こんな些細でとりとめのないことを考えた翌朝、目を覚まして言葉を失う出来事に遭遇しました。私のコロンビア時代の同級生(DC)が、糖尿病の合併症で亡くなったという訃報を受け取ったのです。彼女とは、選択科目International Businessで、一緒にチームを組んだ仲でした。

これを綴っている瞬間も、世界のどこかで多くの人が生まれ、そして亡くなっていく。にもかかわらず、なぜ彼女の死だけが私にとってショックで、涙が頬をつたうのでしょう?
ニュートン・フォークナーのTeardropのように、そして潮が満ちた後、必ず引くように、私の涙もいつか止まるのでしょうか?

今はただただ、非常に残念でなりません。
ご家族にお悔やみ申し上げます。



コメント

  1. HAL909 | URL | LEZYcRIY

    Re: 7 isn't always a lucky number

    ご愁傷様です。残念なことです。
    生きていくことを見直す機会となれば、と思います。

  2. KicoS | URL | -

    Re: 7 isn't always a lucky number

    HAL909さん

    この前はどうも!
    こういった訃報を聞くと、自分は生きてるだけでラッキー、と思えるので不思議ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/173-55582b07
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。