No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No167.Dog Ear #17(翻訳)

2010/10/03 23:03

訳本、『戦略は直観に従う』の上梓から、1週間近くが過ぎました。これまでお世話になった方々に、ようやく上梓のご挨拶メールを送信することができました。その他、メーリングリストやSNSなどにも流したので、かれこれ4000人ぐらいの手元にご案内が届いているはず。
その結果、お祝いの言葉は方々から多数頂いているのですが、読後の感想はまだなので、みなさんがどのようにお感じになられているか、ちょっと気になるところです。誰か早くAmazonのカスタマーレビュー、日本語で書いて~。



Financial TimesWall Street Journalの書評は、私の日本語訳をウェブサイトにアップしてますので、ご参照下さいませ。)

どのような過程を経て、翻訳本出版に至ったのか、その経緯は追々このブログで綴るとして、今回は翻訳にまつわる名言をご紹介したいと思います。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

翻訳とは「極端に濃密な読書」、あるいは「極端に効率の悪い読書」 by 村上 春樹




いやー、分かる、分かるよ、この気持ち。翻訳って、単に別の言語に置き換えているだけではないのです。行間や文章全体のコンセプトを読み込んで、それを顕在化させる仕事なのです。
ある意味、翻訳という作業は、ミュージシャンがカバー曲を出すのに通じるところがあります。以前私はこのブログで、カバー曲について、こう述べました

20代前半までは、独創性の足らない人がカバー曲を出すんだと思っていました。が、オリジナルの曲と同じメロディー、歌詞にもかかわらず、全く違った作品に仕立ててしまうアーティストが世の中にはいて、こういう人達の能力には、ただただ脱帽してしまいます。

ゼロから新しいものを生み出すだけでなく、既存のものに異なる角度から光を当て、潜在価値を掘り起こすスキルも、一種の独創性と呼んで良いのではないかと思います。


人間は、言葉がないと思考できない。そして、言語が変わると思考も変わる。だからこそ、原著の潜在価値を掘り起こし、日本語で新たな思考概念を生み出す、翻訳という作業は、カバー曲と同様に、クリエイティブな側面をもっともっと評価されても良いのではないでしょうか。



Dog Earとは?
英語で、書籍のページの端っこを折り曲げることを、Dog Earと言います。書籍や人とのコミュニケーションを通じて出会った、心に残る言葉を書き留めておくシリーズです。

Dog Earシリーズの過去履歴

第1回(経験): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-18.html
第2回(資産と遺産): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-20.html
第3回(情熱): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-21.html
第4回(経営): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
第5回(創造と逆境): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-42.html
第6回(幸せな敗北者): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-54.html
第7回(傾聴): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-59.html
第8回(最後の授業): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-63.html
第9回(抱負): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-76.html
第10回(言葉と愛情): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-92.html
第11回(不道徳教育): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-102.html
第12回(交渉): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-104.html
第13回(結晶化): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-147.html
第14回(市民): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-151.html
第15回(変身): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-159.html
第16回(アイディア): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-163.html





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/167-c8790d55
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。