No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No16.突撃!となりの晩ごはん(風) #02(国際政治経済メルマガ)

2007/12/05 01:46

し間が空いてしまいましたが、私の情報ソースを公開するシリーズ第2回です。同名のヨネスケのTV番組のオマージュでお送りしております。

参考までに、第1回(金融ブログ編)はこちら

■ 第2回: 国際政治経済メルマガ編
■ ソースタイトル: ロシア政治経済ジャーナル
■ ソース筆者: 北野幸伯(Yoshinori Kitano)さん
■ ソースURL: http://blog.mag2.com/m/log/0000012950/


以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

なぜこのメルマガを紹介するか?
私は単なるロシア・マニア?右翼か左翼か?いえいえ、違います。
それは、「ロシア政治経済」を標榜しながらも、アメリカ、欧州、中国との国際政治上の力学を意識して書かれたメルマガだからです。

例えば、ユコス(ロシアの石油最大手企業)の買収劇に関する、詳細なレポート等は圧巻でした。
レポートは長期に亘って大量にありますので、ほぼ検索不能に近い。。。ご興味ある方は、参考までにまずはこちらをご参照下さい。

プロフェッショナル・キャリアを積み重ねる過程で、リージョナル・リスクや、マクロ経済について知見を深める必要性を、とみに感じています。というか、ある一定のキャリアレベルを越えると、ミクロだけでなくマクロが必要になるんでしょうね。例えば、こんな感じ。

今後、新製品を海外に展開する上で、どの顧客層をターゲットにしたら良いか?
--> この問いに答えられるようになったら、経営コンサルタントとしてようやく半人前。

国際情勢を鑑み、長期的な為替トレンドはどのように動き、どの海外地域に工場を創設したら良いか?
--> この問いに答えられるようになったら、一人前に近い。


為替の決定メカニズム(ブラックボックス)を学んだり、為替相場(アウトプット)を知ることは、比較的容易です。
が、そのメカニズムに投入される決定要因(インプット)を見極めるのは、至難の業。

新聞などの普通の媒体から発信される情報は、ガラガラ・ポンした後の結果しか書いてありません。でも、私が本当に知りたいのは、ガラガラする前のインプットなんです。
ということで、今回紹介したメルマガのような情報を、地道に咀嚼していくしか、一人前になる手立てはなさそうです。

しっかしこのメルマガ。長すぎて、読むの疲れるんだよなぁ。
私もブログをもう少し簡潔に書けるように、訓練せねば。(人の非を見て我が身を振り返ってます。アップロードファイル



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/16-82496d53
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。