No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No158.雑誌の取材?

2009/10/29 12:46

10月某日土曜日、朝7時。前夜に深酒をして酩酊し、千鳥足でふらつく人々を尻目に、私はゴルフウェアに身を包み、池袋駅を颯爽と歩いていました。ふふん、私は彼らと違って健康的なゴルファーなのだ。アップロードファイル
すると、後ろから見知らぬ男性に声をかけられます。どうせ「お茶しませんか」とかいうオチだろう。うざい。と思ったら、変化球が飛んできました。

ファッション雑誌XXの者です。11月XX号の記事用に、あなたのファッションを取材をさせて頂きたいのですが。


ちょっと調子に乗って、帰宅後、雑誌の名前をインターネット検索してみると、最新号の特集は・・・。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

何と、お笑い芸人ブラックマヨネーズとM-1グランプリでした。
あ、私、お笑い系?単に雑誌名を聞き間違えたのだと、心の底から思いたい。いや、もしかしたらこの人、雑誌記者ではなく単なるお笑い好きの酔っ払いなだけなのかもしれない。いずれにしても、ちょっと落胆。アップロードファイル

さて、気を取り直して。世の中にはゴルコン(コンパのゴルフ版)なんてものもあるらしく、最近の女性ゴルフウェアは、洒落ているものが多いのです。この雑誌記者さん(仮)には、私の服装がゴルフウェアに見えなかったようですが、皆さんはどう思います?
(池袋駅を歩いている際には、サンバイザーの代わりにサングラス、ゴルフシューズの代わりにパンプス、ゴルフクラブは宅急便で送ったので手ぶらの状態でした。)

Golfwear_convert.jpg

私がゴルフを本格的に始め出した2000年代前半は、まだこのようなブームは到来しておらず、ゴルフショップに行くと、大きめのサイズのウェアしかおいていませんでした。そう、(みのもんた風に言うと)「中高年のお嬢さん」が主力顧客のため、ウェスト周りが太めの作りになっていたのです。

ところが最近では、XSサイズのゴルフ用ミニスカートもかなり揃っています。明らかに顧客ターゲットは20代後半~30代前半の女性にシフトしています。
例えば、Love Love Golf Summit Autumn 2009(女性用ゴルフウェアのファッションショー)で登場したモデルさんたちの格好はこんな感じ。普段ショッピング嫌いな私でさえ、目新しさからか、ゴルフファッションに目が釘付けになってしまいます。

GolfSummitAutumn09.jpg

が、気になるのは市場規模。クラブ、シューズの購入に始まり、プレー代、交通費などを合計すると、若い女性の一体何割が、こういったゴルフウェアに金銭的に手が出るのでしょう。一般のカジュアルウェア・セグメントは競争激化と市場飽和だから、半ば収益は度外視で女性ゴルフウェアという新しいセグメントに進出せざるを得ない、というがアパレルメーカーの事情なのかもしれません。

ブラックマヨネーズと女性ゴルフウェアのブーム、どちらが先に失速するか、見物ですな。いやその前に、私の浮かれ調子が失速したのか。アップロードファイル



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/158-42da09bc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。