No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No150.Auntieな1日

2009/08/24 00:18

日本語はとても美しく、繊細な言語だと思います。が故に、非常に納得がいかないのが、「オバさん」という単語。

先日、兄夫婦のところに子供が生まれ、私は叔母になりました。Wikipediaの「おば」に関する記事に共感する今日この頃です。

ただし、伯母・叔母にあたる女性であっても若い女性の場合や年齢が近い場合には、「おばさん」の語が持つ年長の語感によって不快に感じることが少なくないため、若い女性を指す一般語の「おねえさん」を用いたり、名前を呼ぶことにしている場合がある。また、伯母・叔母が未成年である場合は、通常「おばさん」あるいは「おばちゃん」と呼びかけたり、自称することはまずない。


年取った女性というニュアンスがいやで、甥っ子に「おばさん」と呼ばせたくない、私もそんな人間の一人です。英語のAuntieみたいな、可愛らしい呼び方が、日本語にないものでしょうか?

今日のブログは、Auntieになった1日、考えたことを徒然なるままに。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

8月15日、実家の市立病院の一室で、甥っ子と初対面しました。生後6日。可愛い、可愛いすぎる。アップロードファイル
笑ったり、眉間にしわを寄せたり、半目だけ開いたり、あくびしたり、いやはや、子供って表現力が豊かで、見ていて飽きませんね。まぁ、大人の我々は、知らず知らずして、表情を無くしていっているだけなのかもしれませんが。

これまで市立病院には、親の介護で通うことが多く、その往復は決して楽しいものではありませんでした。が、産婦人科のフロアだけは、幸せに満ち溢れ、別格のオーラを放っています。総合病院というのは、誕生と死が同居する、不思議なハコですね。

その後、近くの焼肉屋で、上タン塩に舌鼓を打ちながら、終戦記念特集のテレビ番組を観ました。お恥ずかしい話ですが、その日が終戦記念日だということを、すっかり忘れており、そして、昨年の終戦記念日も忘れていたことにも気づきました。(昨年の終戦記念日は、というと、MBA夏学期の期末試験最終日で、ある意味「終戦」記念日だったのですが。)

テレビ番組の内容ですが、核保有の是非を論じる一般パネラーの質にうんざり。
そもそも、「日本は核を保有すべきか」というお題目自体にセンスが感じられません。このお題は、極端な話、日本は核保有していて、広島県は保有していないと仮定した場合、「広島県は今後保有すべきか」と問うているようなものです。広島県が被爆都市かどうかなんて関係なく、そして広島県が核を保有しようがしまいが、もし日本が核保有していれば、広島県は核の傘の下におり、核の抑止効果と弊害を有しているわけです。

実際には、日本は核兵器を保有していませんが、日米安保体制の下、アメリカの核の傘にぶらさがっています。上述と同じロジックを使えば、日本が被爆国かどうかなんて関係なく、そして日本が核を保有しようがしまいが、もしアメリカが核保有していれば、日本は核の傘の下におり、核の抑止効果と弊害を有している、と言えます。「日本は核廃絶の先進国」みたいな論調は、的外れもいいところ。我々日本人は、核抑止による不安定な世界平和というスキームの中枢にいる、という現実を忘れてはいけません。

したがって、Obama大統領の核廃絶の決意演説(2009年4月プラハにて)に対し、Joseph Nye(ジョセフ・ナイ、「ソフト・パワー論」で有名な国際政治学者)が、「アメリカの核廃絶への取り組みは、むしろ日本の核拡散を誘発する危険性がある」とお灸を据える発言していたのは、頷けなくもないです。アメリカの核の傘がなくなってしまったら日本は、

1) 自ら傘をかぶる(=日本が核を独自に保有する)
2) 核は保有せず、迎撃ミサイルの精度向上にとどめ、先制攻撃はしない姿勢を貫く
3) 核は保有せず、ソフト・パワー(=外交・経済戦略で国家安全保障を推進する手法)で凌ぐ
4) アメリカ以外の傘を捜す


の4択になるのではないでしょうか。私はNyeほど、1)の選択肢の可能性が高いとは思っていませんが、いずれにしても、私は、現実主義的な立場を取っています。

・ 甥っこの顔を見て、いかに人間の「生」が尊く、美しく、幸せに満ち溢れているかを感じると同時に、
・ 終戦記念日を迎え、いかに人間の「生」が他者の「死」と表裏の関係にあるのかを考えさせられ、
・ 「人間」の生と死に敏感なくせして、「牛」の生と死には関心がなく、焼肉を口いっぱい頬張る自分を皮肉に思う

そんなこんなで、色々考えさせられるAuntieな1日でした。

Soichiro_Day6.jpg

(甥っ子の右足には、「加奈子ベビー」と書かれています。たしかに、他の子供と間違えることはありませんが、何もマジックで書かなくても。。。アップロードファイル



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/150-f7b8eb59
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。