No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No148.パンチラ

2009/08/11 00:42

にことわっておきますが、今日はちょっと下品な、どうでもいいネタです。

先日、いつも通り朝家を出て、最寄り駅に向かう途中、前方10メートルぐらいを、一人の女性が歩いていました。サファイア色の艶やかなワンピースを身に纏い、スラッとした足に少し高めのヒール、日傘を差して、優雅に歩くその姿に、同性ながら見とれてしまいました。以前、こちらに書いた通り、美しい歩き方を今後の目標に掲げた私には、彼女の全てが完璧に思え、思わず羨望の眼差しを送ってしまいました。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

と、その時、彼女のワンピースを包み込むように、いたずらに突風が吹きました。なんと、女性の下着、丸見え。アップロードファイル
きっと男性なら、「パンチラ、羨ましい」とつぶやくのでしょう。が、私は

-- 彼女の恥を他の人に見られていないか、という親心的な理由と
-- 見てはいけない姿を見てしまい焦っている私を、第三者が客観的に観察していて、「愚か者」と笑っているのではないか、という小心者な理由


があいまって、自分の後ろに誰もいないか、振り返ってしまいました。まるで、安部公房の「箱男」や「飛ぶ男」のような、不思議な感覚にも似たものを覚えました。

 

そして、あまりに完璧すぎる容姿なだけに、意図せずして見えてしまった彼女の下着が、私好みではなく、というか、お召し物のワンピースとあまりに不釣合いだったが故に、非常に残念な気持ちを同時に抱きました。

「いいじゃないか、白いデカパンを穿いてたって」と自分を諌めようとしつつも、容姿端麗なのだから、見えないところまでお洒落であってほしいという完璧主義に私の感性は抗えず、完敗でした。

そんな折、パンチラつながり(?)で、こんな記事と写真を発見。

過激すぎるミスユニバース日本代表の衣装に、抗議、批判、非難(産経ニュース)

8月1日から選考が始まる「ミス・ユニバース」の日本代表、宮坂絵美里さん(25)がナショナルコスチュームとして着用する衣装に批判が起きている。牛革レザー製の黒振り袖に、下半身はショッキングピンクの下着とガータベルトというド派手な衣装だが、これに対し、帯職人や着物の販売店がデザイナーに直接抗議しているほか、デザイナーのブログにも「日本が誤解される」などと1000件以上の抗議が寄せられているのだ。


宮坂さんのコスチューム(上段左)は、上半身だけ見れば「西陣織の帯、ステキだなぁ」と思うのですが、下には目もやれません。しかも、ミス・ユニバース・ジャパンのコスチューム(上段中央)でも、前科あり。更には、同じデザイナーが2年前のミス・ユニバース・ジャパンに提供したコスチューム(上段左)も同路線。

一方、Lady GAGA(日本での評判は知りませんが、全米ではマドンナ路線で人気絶頂のシンガー)は、なぜか私の中ではアリなんだよなぁ。宮坂さんのヘアスタイルも衣装も、Lady GAGAのパクリのような気がするのですが、なぜ宮坂さんがNGで、Lady GAGAはアリなのか、自分でも良く分かりません。全体的なバランスの問題なのでしょうか?それとも私は、日本人女性に対する固定観念を押し付けすぎなのでしょうか?はたまた、他者プロデュース(宮坂さん)とセルフ・プロデュース(Lady GAGAの場合)の違いなのでしょうか?

人の感性は、いい加減な反面、何か規則性もありそうなので、深堀りしてみると面白いトピックかもしれません。

MissUniv1_convert.jpg MissUniv3_convert.jpg MissUniv2_convert.jpg

LadyGAGA1_convert.jpg LadyGAGA3_convert.jpg
LadyGAGA2_convert.jpg

(上段左:今回物議を醸し出した宮坂さんのコスチューム、上段中央と右:前科)
(中段左と下段:Lady GAGAはなぜかショートパンツがお好き、中段中央:奇抜なヘアスタイル)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/148-6cc2c56c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。