No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No140.コントロール・フリーク

2009/07/18 21:53

Short Noticeですみません。
留学予備校のAgos(旧The Prinston Review of Japan)主催のMBA夏祭り、今年も海の日(7月20日)に開催されます。私も、母校Columbia Business Schoolのブースにおりますので、MBA/EMBA受験をお考えの方は、是非いらして下さい。事前予約が必要ですので、お済でない方はお急ぎ下さい。

日程: 2009年7月20日(祝) 13時~16時
会場: フォーラム8 (渋谷駅より徒歩5分)
予約(Agos受講生の方専用): こちら
予約(一般の方専用): こちら


CBSの受験生対応をかれこれ2年弱担当していますが、ふと自分はコントロール・フリークなんだなぁ、と気づかされることがあります。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

昨年のMBA夏祭り、CBSからは在校生が一人も出席することができませんでした。

「CBSの在校生って、こういうボランタリーなイベントに非協力的な学校なんですね」


と、とある受験生からコメントを貰ったことがあります。
当時の在校生のうち、半分はJ-termerで夏学期を受講していたため、キャンパスにおり、残り半分のFall-termerで日本国内Summer Internをやっている人は誰もいなかったため、仕方なかったのですが、一部の受験生からは「不親切な学校」というイメージを持たれてしまったようで、残念です。本当は、New Yorkという立地を活かし、アメリカ国内でSummer Internshipを獲得できるチャンスも多いので、むしろその利点を、MBA夏祭りのような機会を通じて強調したいところなのですが。。。
受験生が抱くCBSのイメージをコントロールしたい、という気持ちが自分の中でフツフツと沸いてきます。

また、別の受験生から、こう言われたこともあります。

「CBSのカリキュラムって、何となく哲学的ですよね」


この受験生、CBSの日本語ホームページと、私のBlogを読んで、「哲学的」という印象を持たれたようです。何を隠そう、CBSの日本語ホームページは私がコンテンツ管理していたため、私の価値観が無意識的に反映されていたのです。
キャンパス・ビジットの機会を得ることができない日本人受験生の中には、私という色眼鏡(日本語ホームページやBlog)を通じて、CBSのイメージを形成してしまう方も多いのでしょう。こちらは、意図せずしてイメージ・コントロールしてしまった例ですね。

イメージって、どんどん一人歩きして、強化されるから、怖い怖い。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/140-973b23ac
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。