No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No138.MBA月次レポート(2009年3月@アルゼンチン) #05

2009/07/05 17:14

米でワインと言えば?日本人なら、間違いなく「チリ・ワイン」と答えるでしょう。
が、しかし。アルゼンチンと言えば、「ワインステーキ美女」と言われるくらい、アルゼンチン・ワインは誇るべきアルゼンチン文化の一つなのです。

そして、アルゼンチン・ワインと言えば、Malbec(マルベック)種。世界のマルベックの約55%がアルゼンチンで生産されています。そのため、アルゼンチン・ワインに馴染みのない私のような日本人には、日本でマルベックを試す由もなく。。。

今回、アルゼンチン最大のワイン生産地、Mendoza(メンドーサと発音)で経営展開している、2つのワイナリーを訪問して参りました。主目的は、ワイナリーの戦略や生産工程を学ぶというものでしたが、もちろんテイスティング付。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

マルベックは他の品種と比較して、ブドウの皮が厚いため、タンニンが強いのですが、まろやかで飲みやすい。これはうまいぞ。

ところが、アルゼンチン・ワインの多くは国内消費に回され、そして国内市場は飽和状態。ようやく近年、一部のワイナリーが輸出強化に乗り出しました。

あくまで私の憶測ですが、

1) アルゼンチン人は比較的個人主義的な性格の人が多いこと
2) その背景として、過去の度重なる政治・経済の崩壊という経験から、他者に依存しないというマインドセットが形成されたこと


が要因として挙げられるのではないでしょうか。複数のワイナリーが共同して政府にロビーイング活動を行ったり、ワイン組合を組成してグローバル・マーケットにリーチし、ブランディング活動を行うといった施策が後手に回った、と私は踏んでいます。

このような状況下、訪問したワイナリー2社のうち、Dominio del Plataは小規模ながらも、9割を輸出向けに生産しているとのこと。主要輸出先は北米ですが、日本にも限定的ながら卸しているようです。Dominio del Plataのオーナーは女性で、90年代後半に入ってから、ワイン生産を始めました。当初は旦那様も共同経営者でしたが、離婚を機に経営を100%自ら掌握し、現在はMBAホルダーなどを雇用して経営を続けています。

私の中には、イタリア人の血が流れている。そして幼少の頃からワインをたしなんできた私の体は、ワインでできている。これが私のパッションのルーツよ。
そして、ワインボトルの先に必ずその生産者が見えること、これが私のマーケティング・ポリシー。


マルベックを飲むと、口一杯にタンニンが広がり、そしてこのオーナーの声音をいつも思い出します。
アルゼンチン産のマルベック、是非皆さんも試してみて下さい。

こちらは、昨日友人を自宅に招いた際に登場したマルベック。飲みかけボトル、かつ背景に生活臭が漂っている写真でごめんなさい。。。
Malbec_convert.jpg




<参考1: マルベック種の作付面積>

世界合計 18,000ha
-- 第1位: アルゼンチン 10,000ha (56%)
-- 第2位: フランス 6,000ha (33%)
-- 第3位: チリ 1,000ha (5.6%)
(出所: Bordeau.com


<参考2: オススメのマルベック・ワイン(MBAの友人からの推薦)>

-- RutiniCatena ZapataLuigi Bosca、Navarro Correasあたりのワイナリーが、外しがなくて良いでしょう。(Rutini --> Navarro Correasの順でオススメとのこと。)
-- リーズナブルな価格でマルベックを楽しむなら、Trapicheを。
-- 銘柄別のオススメは、Angel Mendoza Pura Sangre Malbec(Domane San Diegoワイナリー産、英語でPure Bloodという意味)と、Angelica Zapata Malbec(前述のCatena Zapataワイナリー産)。


<参考3: アルゼンチン・ツアーの過去ログ>

http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-111.html
http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-112.html
http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-114.html
http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-123.html





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/138-dc0c5dd0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。