No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No136.MBA出願はお早めに

2009/06/24 14:09

MBA受験生にお知らせです。
今年のColumbia Business SchoolのAccelerated MBA Program(1月始まりなので通称J-term)は、受験生の出願タイミングが早まっているようです。先月、Admissions Officeの2トップの一角、Amanda Carlsonとサシで話をする機会があり、伝言を頼まれました。

今年のJ-termを受験予定の方は、できれば7月中に出願してほしい。8月でも何とか間に合うかもしれないけれど、保障はできないわ。


そう、CBSはアメリカのトップスクールの中で唯一、Rolling Admissionという制度を採用しているため、出願締め切り前でも定員に達したら合格者を出さないのです。私の代(Class of 2009)のJ-termerの中には、締切日当日(10月上旬)に出願して合格を貰ったツワモノも数名いますが、今年の受験は前倒しになっているようです。

参考1: MBA受験関連のブログ記事は、こちらのカテゴリーにまとめてあります。
参考2: CBSのJ-termと2年制MBA(Fall Term)の違いは、こちら




コメント

  1. yari | URL | -

    Re: MBA出願はお早めに

    MBA準備サバイバルガイド(ver. 1.20)を参考にさせて頂いていました。
    ver. 1.30がでているに気が付き、ダウンロードしようとしていたらこのブログに気がつきました。
    現在私はColumbiaのEMBAプログラム2010J-term出願を目指して準備しています。
    やっとGMATのスコア(690 Q49 V35)が揃い、現在急ピッチで作業を行っています。
    もちろん出願は早いのがいいのは理解しているのですが、MBAだけでなくEMBAの方も締め切りが早まっている動きがあるのでしょうか。
    少し前にアソシエート・ディーンのハンナベリーさんから、景気悪化時はMBA出願が急増する一方で、EMBA出願が減る傾向があるので、有望な候補者がいたら積極的に出願するように働きかけてほしい、との旨のメールが在校生に回っていると在校生から聞きました。EMBAは授業料が高く、実際現在の社費・私費の割合は3分の1がフルサポート、3分の1がパーシャリー・サポート、残りの3分の1がセルフファンディングであるとハンナベリーさんがおっしゃっていました。
    もし現在の状況をご存知でしたら、ご教示頂ければと思います。
    よろしくお願い致します。

  2. yari | URL | -

    Re: MBA出願はお早めに

    スミマセン。先ほどのコメントに若干勘違いがありました。
    景気悪化時はEMBAの需要が低下するとのメールをだしたのは学長のHubbard Glenn氏で正確には「History has also taught us that we can expect decreasing demand for our Executive Education and Executive MBA Programs.」でした。自分の頭の中で都合の良いように記憶を塗り替えていたようです。その後のスポンサーサポートの内容は合っていました。失礼いたしました。

  3. KicoS | URL | -

    Re: Re: MBA出願はお早めに

    >yariさん

    EMBAに関するご質問、ありがとうございます。
    残念ながら、EMBAとMBAではAdmissionsのProcessだけでなく、情報共有も完全に縦割りになっており、私がAdmissions Office経由で入手している情報の殆どは、MBA情報です。EMBAに関しては、私見になりますこと、ご了承下さい。

    1. 締め切りについて
    CBSは、MBAだけでなくEMBAもRolling Admissions制を採用しています。したがって、優秀な受験者の数が増えれば、締切日前に合格枠が埋まる確率が高くなり、優秀な受験者数が減れば、締切日ギリギリでも勝負できるということになります。

    少なくともCBSのMBA Admissions Officeは、受験生の質問にかなりの部分まで回答してくれますので、「今から出願しても、EMBA J-termに間に合うか?」と直接聞いてみてはいかがでしょうか?例え回答してくれなくても、減点にはなりませんので。

    2. 進学者のFinancialについて
    ご指摘の通り、EMBAはMBAと比較してTuitionが高い(約1.5倍)ということで、FullyとPartially Fundedが6割程度となっています。
    --> 詳細はBusinessWeekのEMBA Rankingをご参照下さい。

    残りの4割のSelf Sponsoredの学生も、多くが仕事を持っているため、在学中のCash Flowにさほど不安のない方々が多いです。

    昨今の不景気で、企業派遣が減っていることは容易に想像できます。企業派遣枠を獲得できなかった方が、私費でEMBAを取られるとしたら、先行き不安からのLay-off対策のような位置付けでしょうね。が、企業派遣 --> 私費に切り替えてまでEMBAという方はそこまで多くないと思われます。

    3. 最後に
    色々述べましたが、EMBAの日本人出願者はそもそも少ないわけですし、MBAと比較すればEMBAの合格率は圧倒的に高いので、Admissions Officeに締切りギリギリの出願で間に合うか確認の上、問題なければ、臆せず出願して下さい。
    GMAT690あれば、あとはEssay勝負だと思いますよ。

  4. yari | URL | -

    Re: MBA出願はお早めに

    杉本様、

    早速のご回答、誠にありがとうございました。
    1stの締め切りが10月1日なので、何とか間にうようにアプライしてみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/136-d2e1f21a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。