No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No132.MBA的恋愛論 #03

2009/05/21 15:23

ース・スタディ風の恋愛論、第3弾です。

ケース3: 韓国人女性
学校の同級生の中でも、特に仲良しの韓国人女性について、ご紹介したいと思います。私と随分と性格やキャリア志向が違うのですが、何故か本音で話ができる間柄なんですよね。不思議です。

彼女の前職はエクイティ・アナリストで、韓国の金融機関で化学業界を担当していました。その実務経験を買われ、MBA最終学期は学業と並行して、NYの某ヘッジファンドでパートタイムで働いていました。ウォールストリートで、スターアナリストになることを夢見て日々邁進する、専門家タイプのキャリアウーマンです。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

彼女は大学で化学を専攻した理系で、奨学金も得ていたいわゆる優等生。卒業後はソウルで働き始めます。今の仕事が大好きで、もっともっと専門知識やネットワークを増やしたいと思い、長年付き合っていた韓国人の彼氏を本国に置いて、単身、ウォールストリートのお膝元であるコロンビア・ビジネス・スクールにMBA留学しにやってきました。

彼は家庭志向が強く、キャリアよりも安定的な生活を望んでいました。いつも優しい彼に癒されながらも、どこかで物足りなさを感じている、と半年ほど前にぼやいていました。が、とうとう先日、関係に終止符を打ったとのことです。

たしかに彼女は全く料理はしないし、小さい子供を見るとイライラする、学校の成績がちょっとでも悪いとかなり落ち込み、しょっちゅうウォールストリートの業界人とアポをとっては会食していました。そりゃぁ、彼に愛想をつかされても仕方ありません。

とは言え、私にとっては大事な友人ですから、「次にいい人が見つかるよ」と慰め半分の言葉をかけ、どんな人が好みなのか聞いてみました。

1. 韓国語を話せる人でないと、深い話ができないからイヤ。

2. たとえ韓国語を話せても、白人アメリカ人はイヤ。仕事できるかもしれないけど、頭からっぽだし。クラブに通って、ドンチャン騒ぎしてビールを飲んで大声で中身のない話をするのが好きな、白人アメリカ人の志向が理解できない。

3. でも、韓国系アメリカ人もイヤ。韓国生まれ・韓国育ちの韓国人以上に、伝統的韓国文化をひきずっている極端さについていけない。

4. ウォールストリートでサバイブできるようなドメの韓国人なんて、滅多にいないから、そもそも恋愛対象が少なすぎ。仕方ないから、もう少し対象を広げて、アジア人的な感覚を共有できる人かな。


1点目・2点目は感覚的に理解できるのですが、3点目は私には理解できませんでした。ドメの韓国人以上に、韓国系アメリカ人の方が伝統的アップロードファイル

要はこういうこと。韓国人の移民は、アメリカ移住当初、経済的にも社会的にも苦境に追いやられることが多く、韓国人移民同士で助け合いながら、何とかサバイブしてきた経緯があります。こういった背景から、ドメの韓国人以上に、韓国系アメリカ人の間では韓国人アイデンティティが強化・純化され、それが第2世代以降にも色濃く継承されているのだそうです。

そのため、家族(特に年配者)を誰よりも優先することが尊ばれ、何でも両親の意見が優先されるとのこと。そんな韓国系アメリカ人の家に嫁にでも行こうものなら、これまでの自由な生活が奪われることは必至で、窒息死しそうだ、というのが、同級生の意見でした。

なっ、なるほど。奥深い。
と同時に、NYに駐在する独身の日本人男性には、韓国人女性と恋愛するチャンスかもしれないなぁ、とも思ってみました。

さぁ、恋せよ日本男児!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/132-1eec3fc3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。