No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No130.MBA的恋愛論 #01

2009/05/16 16:15

外留学すると、様々な価値観が相対化します。そのうちの一つが恋愛観。ということで、MBAの授業っぽくケーススタディ形式で、日本国外の恋愛事情について、綴ってみようと思います。

ケース1: ウクライナ
懇意にさせてもらっている、コロンビア大学SIPA(School of International and Public Affairs; 国際関係・行政学の大学院)在籍の日本人女性Kさんから、ウクライナの恋愛事情を伺いました。このネタを聞いて、思わずウクライナに移住しようかと思ってしまいました。衝撃です。アップロードファイル

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

ウクライナ人女性(Kさんの同級生): 「今月でSIPA卒業だわ。これでようやく結婚への道が近づくわ。heart07

Kさん: 「???なんで卒業と結婚が関係あるの???」

ウクライナ人女性: 「だって、ウクライナでは、女性に学歴がないと良い結婚ができないんだもの。」

Kさん: 「あっあのー、余計に分からないんですけど。。。アップロードファイル

ウクライナ人女性: 「学歴の低い女性と結婚した男性は、周囲から「その程度の女としか結婚できない男」とレッテルを貼られ、軽んじられるの。だから、ウクライナの男性は、学歴の低い女性を連れて歩きたがらないのよ。学士号だけでは足りなくて、修士号を取らないとダメなの。」

Kさん: 「日本は逆なんですけど。。。日本人男性は、自分よりも高学歴・高収入の女性と付き合うと、引け目を感じるから、逆に疎んじられるのに。」

ウクライナ人女性: 「ウクライナの教育制度は、修士号が5年と長い分、博士号は2年で取れる仕組みなの。だから、アメリカの大学院に進学して、2年で修士号を取れば、その分早く結婚できる可能性が高まるわけ。」


最近日本の巷では、「婚活」がブームなようですが、ところ変われば「婚活」も変わる、といったところでしょうか。是非、日本人男性にもウクライナの恋愛観を取り入れて頂きたいですね。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/130-d77195cf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。