No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No123.MBA月次レポート(2009年3月@アルゼンチン) #04

2009/04/29 04:47

あれ、もうアルゼンチン・ネタは終わりじゃなかったんですか?というツッコミを予想しつつも、続けます。今回は、3団体をまとめてご紹介します。

3. Telefonica Foundation (スペイン通信大手企業の財団, in Buenos Aires)
4. Escuelas del Bicentenario (教育改革団体, in Buenos Aires)
5. Grameen Bank (マイクロファイナンス, in Mendoza)


Telefonica.png EscuelasDelBicentenario.png Grameen.png

これら3団体への訪問を通じて、数十年後は日本もアルゼンチンと同じ軌跡を辿るのかもしれないなぁ、と感じました。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

アルゼンチンは元々、世界有数のGDPを誇った先進国でした。Grameen Bankの担当者が、「1960年代までは、この国に貧困層はいなかった。それが、度重なる政治的動乱を経て、2000年代に入ると、デフォルトを起こし、ドラッグも社会問題化し、現在は人口の約20~25%が貧困層と言われている。」と、割り切りながらもどこか寂しげな目で訴えます。

政権が不安定だったことに加え、恒常的な財政赤字、中央銀行と政府の未分離による紙幣の大量発行、そしてハイパーインフレ、資本家は海外に資金を退避し、残ったのは社会問題でした。

Escuelas del Bicentenarioは、アルゼンチン国内の44000の学校のターンアラウンドを担う団体です。44000のうち、半数が「不適格」と認定されています。Primary Schoolのドロップ・アウト率は約3割
(注: 2006年より、アルゼンチンはPrimary School7年+Secondary School5年の制度を採用しています。この改革以前は、Primary School9年+Secondary School3年だったとのこと。)

Telefonicaは、テレコム企業(日本のNTTのような存在)ですから、Telefonica Foundationは主にテレコム利用者層を増やす努力を行っています。Telefonica Foundation曰く、「(アルゼンチンに限らず)ラテン・アメリカ全土に見られるのは、Child Laborの問題」とのこと。特にアルゼンチンの場合、首都ブエノスアイレスに人口の1/3程度が住み、地方過疎化が著しく、地方の児童が学校にも通わず、路上生活をしながら物乞いする姿が散見されるそうです。このような状況ですと、企業はマーケティング活動をする前に、そもそも顧客となるうる層を増やす努力をしなければなりません。

ただ、ブエノスアイレス市内を散歩していると、古の栄華を誇る建造物、きれいなお姉さん(アルゼンチン女性は美人が多い!)、ファッションセンスの良い男性、美味しいワインばかりが目に飛び込んできて、その文化水準の高さから、上述の問題が肌で感じられることはほとんどありません。事実、ラテンアメリカ各国の中で、アルゼンチンが最もヨーロッパ的な風土を保っているといわれています。
また、アルゼンチン人は非常に家族愛を大事にする、情に厚い国民で、アルゼンチン人と話しをしていると、非常に心落ち着きます。

アルゼンチンの今から、日本の数十年後を伺うことができます。日本人として失ってはいけないもの、そして変わらなくてはいけないものが何なのか、とことん考えさせられる旅行でした。



<参考1: 日本国債の発行残高推移>
Bond.png
出所: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%82%B5

<参考2: 日本のGDPは意外と低い?>
GDP Per Capita(人口一人当たりGDP)ランキング(USドル表示)です。出所3ソース(IMF、World Bank、CIA)のうち、CIAのカバー率が最も高かったため、CIAのランキング順に表示しています。
日本およびアルゼンチンのランキング前後、ランキング対象外の地域のうち、3万ドル以上の国に限定し、一覧化しました。緑でハイライトしたのが、G7です。

日本は世界第二位の経済大国、と言いますが、決して富める国とは言えませんね。
GDPPerCapita_convert.png
出所: http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_(nominal)_per_capita

<参考3: アルゼンチン・ツアーの過去ログ>

http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-111.html
http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-112.html
http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-114.html




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kicosj.blog118.fc2.com/tb.php/123-d7e38f54
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。