No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No144.流れるもの、と言えば

2009/07/28 02:47

て突然ですが、流れるものと言えば何を思い浮かべますか?

流れるプール?流しそうめん?ヘンな噂?公害物質?


個人的には、流しそうめんの意義を全く感じません。っていうか、流れてくるまで時間かかってイライラするし、川下に位置する人にとっては、なんだか残り物をすするようで気分悪いし、しかも汁が水っぽくなるから、良いことナシだと思うんですが。。。
蛇足に蛇足を重ねますが、こちらでは、流しそうめん基本セットを4200円で販売しています。余計なお世話ですが、誰が買うんだろう。。。アップロードファイル

閑話休題。
Business Weekの翻訳版(日経ビジネス・オンライン)で、興味深い記事を見つけましたので、ご紹介します。

原題: U.S. Companies Paid More Taxes Overseas
邦題: 米企業の納税額、国外分が国内分を上回る


要は、「米国外への流出は雇用にとどまらない。今や、税金も流出している。」ということらしい。
はい、回りくどかったのですが、今回のお題「流れるもの」は、「アメリカの税金」でした。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む
スポンサーサイト

No143.負けられんぞ

2009/07/26 19:46

日はおめでたいニュースを一つご報告します。私のMBA同期のA君が、この度翻訳本を出版しました。
(といっても、韓国語です。このBlogの読者の多くは、私同様、韓国語を読めないでしょうから、原著を読みましょう。)

以前予告した通り、私は日本人同級生と一緒に、翻訳本の出版を企画しています。それを聞きつけたA君は、「自分も韓国語で翻訳本を出版してみたい」と言い出し、私の経験をA君にシェアしてあげることに。
で、出版に協力したお礼ということで、この度、A君から原著と翻訳本を贈呈されました。私、たいしたことしてないのに、わざわざありがとう!アップロードファイルっていうか、翻訳本の出版、先越されちゃったねぇ。

Globalization.jpg

(左が原著、右が韓国語の翻訳本です。背景は、またしても余計な私のデスクの飾り達。)

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No142.めまい

2009/07/24 21:10

ルフレッド・ヒッチコック監督作「めまい」(原題はVertigo)をご覧になったことはありますか?
映画通でも何でもない私には、なぜこの作品がヒッチコック最高傑作の一つと言われるのか、理解し難いのですが、少なくとも撮影法は良く出来ていて、この作品を視聴すると、めまいを疑似体験できます。この撮影法は「めまいショット」と呼ばれ、後の映画作品に多数利用されているそうです。

「めまい」に登場する主人公は、高所恐怖症によるめまいに苦しみます。普通の人なら、「可愛そうに」と思うのでしょうが、私はむしろ「羨ましい」です。というのも、原因が明白だから。

実は先日、突如めまいに襲われ、そのまま半日以上症状が続きました。ベッドに横になっていても、目をつぶっていても、めまいは治まらず、吐き気を催し、起き上がれないほどでした。途中、救急車を呼ぼうと思ったのですが、携帯電話にさえ手が届かず、のどが渇いても冷蔵庫まで歩いて行けず、本当にしんどかったです。アップロードファイル

その後、症状が多少改善してから、タクシーに乗り、健康診断ができる規模の医療機関に掛かったのですが、結局原因は分からず。今では回復傾向にありますが、それでも時々、サルバドール・ダリの絵画のように、目にする世界がぐにゃっと変形するようなめまいを感じます。

後日、聴力の精密検査をしたところ、特定の周波領域で、私の左耳の聴こえが非常に悪いことが判明したのですが、めまいと直接関係があるのかも分からず。そして処方されたのは、めまい止め、血流を促す薬、ビタミンB。大好きな音楽も、ヘッドホンで聴くのは禁止です。このソリューション、本当に正しいのだろうか。。。アップロードファイル
うーん、原因が分からないと、予防しようがない。困った、困った。コンサルタントという職業病なのか、わたくし、原因を探って打ち手を検討しないと、気が済まない性質なのです。

No141.公式宣言

2009/07/20 21:53

学を終え、日本に帰国し、引越し、社会復帰し、一定の時間が経過しました。ある程度、身の回りのことは落ち着いてきたので、そろそろ本腰を入れてやっていきたいなぁ、と思うことがいくつかあります。長期目標は密かに持ち続けつつも、もっと身近な短期目標を立てて、コツコツを実行するのも悪くないだろうと思い、せっかくなのでこのブログに短期目標を公式宣言することにしました。

1. 美しく歩く
2. 本当は体力を増進する、と言いたいところだが、現状維持ぐらいにしておく
3. 心理学的アプローチを追及していく
4. 建築、インテリアの知見を深める
5. 日本語と英語の発音を矯正する
6. 人間関係を再構築する


以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No140.コントロール・フリーク

2009/07/18 21:53

Short Noticeですみません。
留学予備校のAgos(旧The Prinston Review of Japan)主催のMBA夏祭り、今年も海の日(7月20日)に開催されます。私も、母校Columbia Business Schoolのブースにおりますので、MBA/EMBA受験をお考えの方は、是非いらして下さい。事前予約が必要ですので、お済でない方はお急ぎ下さい。

日程: 2009年7月20日(祝) 13時~16時
会場: フォーラム8 (渋谷駅より徒歩5分)
予約(Agos受講生の方専用): こちら
予約(一般の方専用): こちら


CBSの受験生対応をかれこれ2年弱担当していますが、ふと自分はコントロール・フリークなんだなぁ、と気づかされることがあります。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No139.労働市場のガラパゴス化

2009/07/10 00:15

れまで、日本で働きたい外国人から、転職の相談を受けることがありました。国籍も日本語レベルもバラバラですが、総じてアジア人からのリクエストが多いようです。

今回は、MBAの1年後輩の紹介経由で、ベトナム人からの相談を受けました。この方、ものすごい学歴と職歴をお持ちの方です。しかも、日本語は初心者レベルですが、単に日本に興味があるというレベルの転職希望ではなく、旦那様が日本にいる、という切実な願いだったりします。何とか手助けしてあげたいものです。

が、日本はまだまだ法律面で外国人の日本就労に対する規制があり、この事実を相談者に告げるたびに、非常に不甲斐ない気持ちになります。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No138.MBA月次レポート(2009年3月@アルゼンチン) #05

2009/07/05 17:14

米でワインと言えば?日本人なら、間違いなく「チリ・ワイン」と答えるでしょう。
が、しかし。アルゼンチンと言えば、「ワインステーキ美女」と言われるくらい、アルゼンチン・ワインは誇るべきアルゼンチン文化の一つなのです。

そして、アルゼンチン・ワインと言えば、Malbec(マルベック)種。世界のマルベックの約55%がアルゼンチンで生産されています。そのため、アルゼンチン・ワインに馴染みのない私のような日本人には、日本でマルベックを試す由もなく。。。

今回、アルゼンチン最大のワイン生産地、Mendoza(メンドーサと発音)で経営展開している、2つのワイナリーを訪問して参りました。主目的は、ワイナリーの戦略や生産工程を学ぶというものでしたが、もちろんテイスティング付。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。