No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No24.Japan Sake Night

2008/01/22 13:19

本から持ってきた会社のパソコンが故障してしまい、しばらく更新が滞ってしまいました。ごめんなさい。アップロードファイル

急遽、日本の家族から自宅のパソコンを空輸してもらい、本日ようやく不自由な身から解放されました。パソコンにどれだけ自分が依存しているのかを感じる、良い機会だった(とポジティブに考えてみる私)。

いろいろ書きたいことはありますが、ひとまず昨晩のJapan Sake Nightの写真を公開(こちらをクリックして下さい)。
同じClusterの友人NTが企画し、「酒蔵」という日本食屋さんで日本酒を飲んだ後、カラオケに流れ込みました。

ほんと、みんな良い表情してますよね。こういう瞬間って、人生の中にそう多くないのかもしれない。とても、とても、貴重な時を私は過ごしています。アップロードファイル


スポンサーサイト

No23.Dog Ear #04(経営)

2008/01/03 04:04

NYに到着して早12日経過。来る1月3日から学校が開始するにも関わらず、バタバタしていて、Pre-MBAのAssignment(いわゆるお宿題)が終わっていません。アップロードファイル

心の底から、2007年が終わったことに気付きたくなかったです。はい。

こういう時こそきちんと過去にケジメをつけて、全身の神経を使って現在・未来へのアンテナを張って行きたいです。

ということで、印象に残った言葉を記しておく「Dog Ear」シリーズ第4弾は、ケジメとアンテナをテーマに選択してみました。Columbia Business School進学のご挨拶をした際に、大学そして会社の大先輩から頂戴した祝辞から抜粋です。

多くの人々と何かの「仕事」を進めていく際に、自分自身の「価値観」「覚悟」「弱さ」を問い続け、他者に何らかの「発信」をして、他者の何かを動かすことの難しさと意義深さを、日々考えています。

私にMBAの経験はないので、直接的なコメントはできませんが、今後、KicoSさんが何らか「経営」に係わろうとするのであれば、どこで学び、どこで「仕事」をしようが、「経営」って、

自分自身の理解と、他者の理解についての地道な努力の連続であり、
その時点での理解に基づく、二律背反の世界での孤独な決断の連続


ではないか、と今は考えています。

誰か大きな存在がKicoSさんや私に与えてくれたかもしれない、社会におけるそんな「責務」を、担い続けられる心身の健康と、その健康を支えてくれる人々を大切にしましょう。
お互いに。


実は、この方も私も、一度仕事で体を壊して長期間休職し、カムバックしてきた経験があるのです。
ですから、この言葉を読み返す度に、回顧してホロっと涙が出てきてしまいます。そして涙の後には、腹にぐっと力が入って前向きになれます。

この言葉を昇華する場として、MBA留学という経験を活用していきたいものです。
2008年最初のブログは、これにて終わり。皆様にとって、この1年が充実した年でありますように。アップロードファイル




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。