No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No15.Happy Birthday to Me!!

2007/11/27 02:54

労感謝の日。私は29歳の誕生日を迎えました。おめでとう、私!

毎年恒例で、私は誕生日に抱負を掲げていますが、今年は、ブログに公開しようと思います。
以前から、20代は修行、30代からは好きなことをやる、と決めていました。修行の集大成として、そしてTransition Pointとして、29歳の抱負を考えた時、ふと頭に浮かんだ言葉がこれでした。

大胆に生きる



突然ですが、皆さんには座右の銘とか、好きな言葉がありますか?
私の知人女性で、

結婚は判断力の欠如、離婚は忍耐力の欠如、再婚は記憶力の欠如


という言葉を座右の銘にしている方がいます。
このフレーズのユーモアセンスとリズム、大好きです。

が、これまで出遭った言葉の中から、私だけの座右の銘を一つだけ選ぶとしたら?

臆病とは、文明人のみが持っている美徳である


頭の良い人ほど、先の先まで読み通そうとしてリスクばかりに目が向いてしまい、結果、行動に移せなくなる。本来、これを「臆病」と呼ぶべきところを、頭の良い人は、自分を誤魔化すために「美徳」に仕立て上げてしまう。
この洗練された日本語の裏には、インテリゲンチャに対する、痛烈な批判精神が宿っています。

私はこれから16ヶ月間、Columbia Business Schoolに留学します。ビジネススクールでは、リスク認識方法と軽減策を学ぶことはできます。ただし、それを行動に結び付けるか否かは、個々人に懸かっています。臆病心が疼いた時こそ、今年の抱負: 「大胆に生きる」を思い出します。

今は、やりたいことが明確化し、やれる範囲も増え、やれる環境も整っている。歳を重ねるということが、こんなにワクワクすることだとは、思いも拠りませんでした。アップロードファイル

▼最近、人から頂いたお花です。▼
Flower Gift



スポンサーサイト

No14.突撃!となりの晩ごはん(風) #01(金融ブログ)

2007/11/17 13:07

考に深みのある人、興味の幅が広い人、発想が豊かなに出会った時。ふと、「あの人は普段、どんなソースから情報を収集しているのだろう?」と思うことがあります。

同様に私が他人からこのような疑問を持たれているか、微妙なところですがアップロードファイル、たまには自分の情報ソースの一部を、公開してみてもいいかな、と。思いつき企画ですが、今日から数回シリーズで、私の情報ソースについて書いてみます。

タイトルの「突撃!となりの晩ごはん(風)」ですが、もちろん同名のヨネスケのTV番組のオマージュです。

第1回は、NY入り1ヶ月を切ったこともあり、今後少し身近な世界になるであろう、harry_gさんのウォールストリート日記をご紹介。

■ 第1回: 金融ブログ編
■ ソースタイトル: ウォールストリート日記
■ ソース筆者: harry_gさん
■ ソースURL: http://wallstny.exblog.jp/

詳細は、「続きを読む」をポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No13.種まきの途中結果報告 #02

2007/11/15 17:46

日、転職エージェントが主催する無料セミナーに参加して参りましたので、レポートします。

■ セミナー主催者: AXIOM
■ 講演者: リヴァンプ代表パートナー 浜田宏氏(元デル日本法人社長)
■ 所要時間: 2時間程度
■ アジェンダ: プロ経営者への道

講演の概要は、すでに他のブログにアップされているので、割愛させて頂きます。
ご覧になりたい方は、こちらまたはこちらを。

感想を一言で表すと、「ふーん」。
定員180名のところ、500名を越す応募があったこのセミナー。運良く抽選で当たったため、悪天候の中、喜び勇んで会場に足を運びました。

参加された方々の熱心に聞き入る表情から察するに、皆さん満足されていたようなので、講演の内容自体は悪くないんだと思います。

が、私の中では不発に終わりました。
MBAのApplication Essayを真面目に書けば、講演者が言っていることくらい、誰でも考えるよ。ということで、私にとっては、新しい発見がなかったのです。

敢えて今回のLesson Learnedをあげるとすれば、人の効用は「相対的」なものであるという事実でしょうか。

人の効用とは、期待値とサービスの質のギャップである、という意味で「相対的」。

期待値 < サービスの質であれば、サービスの受け手は満足するし
期待値 > サービスの質であれば、不満が残る。


右側(サービスの質)そのものは同じであっても、サービスの受け手個々人の現状レベル(今回の場合では、経営に対する感度や経験値)が異なるが故に、左側(期待値)も必然的に異なる。結果、殆どの人は<(満足)しているのに、私には>(つまらない)セミナーと相成ったのでした。

話は飛びますが、私、Amazonでよく買い物をします。

Amazonにはカスタマー・レビュー機能がついていて、購入者の5段階評価(満点は★5つ)とコメントが掲載されています。
書籍購入時にレビュー・コメントは参照しますが、★の平均数は役立たないなぁ、といつも思っていたのですが、ようやくその理由が分かりました。レビューを書いた人の現状レベルや期待値が、バラバラなので、相対評価を平均しても意味がないんです。

なんか、「プロ経営者への道」というセミナーの趣旨とは外れちゃいましたね。まぁ、こういうこともあるか。

No12.種まきの途中結果報告 #01

2007/11/14 16:32

くなりましたが、先週、弊社社長とお会いしてきたので、結果報告を。
>Daisukeさんリクエストありがとう。

■ お会いした方: 程 近智 氏(Mr. Chikatomo Hodo)
■ 所要時間: 45分程度
■ アジェンダ: CBS入学前のアドバイス


以下、ちょっと長いので、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No11.種まきの時期

2007/11/04 15:32

学先(Columbia Business School)やMBA全般のつながりで、コミュニケーションが増えつつあります。本当はもっとお会いしたい人が沢山いるのですが、体調第一、無理せず、焦らず、と自分に言い聞かせています。
会う人会う人、皆さん私の合格を祝福してくれ、そして好意的かつ建設的なアドバイスをして下さいます。もちろん、アドバイスの内容そのものにも非常に感謝しているのですが、その言葉の礎となっている真摯な姿勢そのものに、何よりも鼓舞されます。

こういうのを、言霊(ことだま)っていうんだな。


改めて体感する今日この頃です。

次回は弊社社長と対面。CBS卒の社長にご挨拶メールを差し上げたところ、アドバイスの時間をとってもらう運びとなりました。
ちなみに私が送ったメール、かなり不躾です。アップロードファイル

「NY Officeで面白い人知ってたら紹介してほしい」
「本の出版をしたいと漠然と考えているけど、どうしたらいいか」
「私のLong-term Goalはこれなんだー」 云々。


私がこれまで以上に臆することなく、大胆かつ具体的な行動を取れる要因はいくつかありますが、最大の要因は、今がリスクフリーな身分だから、ということでしょうか。
あと数週間は、卒業時の収穫に向けて、せっせと種まきします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。