No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No231.スタートアップ膝栗毛 #20(男のロマンと嫉妬)

2015/07/10 01:32

んだかとても新鮮な響きのフレーズを聞き、ハっとさせられました。

起業っていうのは、男のロマンみたいなところがあるんです。


えーーーーー、男子ってそうなの?サンプリング数1つで恐縮ですが、私(女子)は、そんなこと一度も考えたことがありませんよ。

どのような文脈で、男のロマンについて語られたのかというと・・・

>> 続きを読む
スポンサーサイト

No230.スタートアップ膝栗毛 #19(ストレス解消)

2015/05/02 20:14

っかり、このブログ記事を投稿し忘れ、早1年。ちょうど1周したから、まぁいいか。

私が普段利用していた、コーワーキング・スペースの掲示版に
「新年度が始まりましたね。皆さんの気分転換・ストレス解消法を教えて下さい。」
という、黒板への書き込み募集が掲載されていました。

このスペースを利用する会員の方々が、思い思いに書き込んでいるのですが、まとめると・・・

運動する(ジョギング、散歩、ヨガ、水泳など)
遊ぶ(カラオケ、映画鑑賞など)
癒す(アロマテラピー、窓から富士山を眺めるなど)


が殆どでした。皆さんは、どのような方法をお持ちですか?

ちなみに、私がこのお題を見て、最初に思いついたストレス解消法は・・・。
>> 続きを読む

No216.スタートアップ膝栗毛 #18(時間管理)

2014/04/28 16:15

し前に読んだオンライン記事がとても衝撃的で、我が身を振り返って大変反省することも多く、そして、この記事の内容を反芻した上で、どうやって自分なりの解決策を構築しようか、随分と思案しました。

そのオンライン記事のタイトル名は・・・

経営における「クソジーコ問題」とは


>> 続きを読む

No212.スタートアップ膝栗毛 #17(勝負服)

2014/02/05 01:55

ラリーマンを辞めて、起業してから思うことの一つが、身にまとう服装の重要性について。

サラリーマンとは言えど、私は過去に外資系コンサルに勤務していたこともあり、一般的な大手日系企業よりは、服装にも多少の自由度があり、かつオシャレに気を遣う方も周囲に多かったのですが、とは言え大括りには「サラリーマン」なわけです。クライアントに「気に入られる」ことが、何より重要。

ところが、起業して、しかも海外企業との協業が大半を占めるような業界で、かつ新規事業しか扱わない環境に身を置いてみて、服装を選ぶ基準がガラっと変わりました。一番の基準は「身にまとった瞬間、自信が内から湧き出るかどうか」です。他人や社会常識に合せるつもりは毛頭なく、自己路線を一直線(笑)。

そんな女性起業家にとって、頼もしい味方となるブランドが、「Princess Hiromi」です。一般のお店では販売されておらず、基本は年2回のTrunk Show(受注会)で、事前に試着してオーダーする方式をとっているブランド。先日、2014年春・夏もののTrunk Showに足を運んできたので、皆さんの目の保養を兼ねて(笑)、いくつかの作品の写真と、秘話をご紹介します。

PrincessHiromi_01_convert.jpg

作品#1: 鉄板の「いい女」「仕事がデキる女」を演出してくれます。これ、最後の最後まで購入するか、迷ったんだよなぁ。でも、最後に諦めました。

>> 続きを読む

No209.スタートアップ膝栗毛 #16(アイデンティティー喪失?)

2013/12/12 03:13

京オリンピックの2020年開催が報じられ、日本国中が沸いていたその日。私のFacebookのFeedは、東京オリンピック招致に喜ぶ人々のコメントで埋め尽くされていました。

日本のおもてなし(Hospitality)を世界に発信できる良い機会だ
東日本大震災の復興の起爆剤に
日本の招致プレゼンテーションは素晴らしかった、感動した


などなど。あぁ、日本国民が一体化している・・・そんな瞬間。

そんな中、インドネシアに出張していた私は、どうにもこうにも、この浮かれようについていけず。そして、日本人として皆と一緒に喜ぶべきなのに、全く喜ぶ気になれない自分を顧みて、まるで売国奴のような、複雑な心境で過ごしていました。心の底から、切ない、やるせない気持ち。これぞまさに、日本国民としてのアイデンティティーを問われる瞬間でした。

なぜ私が素直に喜べなかったのかと言うと・・・

>> 続きを読む

No203.スタートアップ膝栗毛 #15(自分でプレゼン - その後)

2013/07/11 17:36

回の「スタートアップ膝栗毛 #14」では、日本の大学生向けに行ったスピーチについて書きました。その後、指導教授のご厚意で、Reaction Report(スピーチを聴いての感想文)を全員分コピーして共有頂きました。設問は2つ。これに対して、A4 1枚でまとめます。

1) 最も印象的なお話は何でしたか?
2) お話からInternational Managementにおいて大切なものとして学んだことは何ですか?


ちなみに、スピーチの約半分は、インドネシアと他国の横比較(データ紹介)や、インドネシア・ビジネスのリスク・規制など。残り半分は、私が昨年度、経産省クールジャパン戦略推進事業で従事した内容・苦労話と、クローバル人材を目指す上での助言。

で、大学生の皆さんは、私の話・メッセージの何に反応したかと言うと・・・

>> 続きを読む

No202.スタートアップ膝栗毛 #14(自分でプレゼン)

2013/07/03 18:24

回の「スタートアップ膝栗毛 #13」では、イーロン・マスクさんのTEDでのプレゼンについて触れました。そして結びに、

そろそろ私も、「私らしい」プレゼンのスキルを磨かないといかんなぁ、と思う今日この頃です。


と書いていたのですが、先日、思いもかけずプレゼンの機会がやってきました。なんと、平成生まれの大学生向けスピーチです。

大学の授業科目が、「国際経営(応用編)」ということで、この趣旨に沿って、私が昨年度従事したクールジャパン構想や、インドネシアビジネスについて、スピーチさせて頂きました。これがまた、新たな発見ばかり。

>> 続きを読む

No200.スタートアップ膝栗毛 #13(起業家のプレゼン)

2013/04/03 19:48

身ともに疲れがたまっているので、ゆっくりしようと思い、ボーっと動画を見ることに。一通り、見たかった海外ドラマを見た後に、TEDのプレゼンをみたら、まぁビックリ。イーロン・マスク(Elon Musk)さんって、こんな企業もあんな企業も起こした人だったのね。知りませんでした。

>> 続きを読む

No198.スタートアップ膝栗毛 #12(育児と起業の共通点)

2012/12/23 17:36

MBA留学では、体系的かつ多角的な視点で、リーダーシップについて学びました。普段、日本で働いている限りにおいては、役立つ機会の少ない「人種の差」や「国民性の差」なども包含していましたし、リーダーシップを発揮する相手は、自分の部下だけでなく上司の場合もあります。

これらは、大変役に立つ内容ではあったのですが、唯一、MBAで教えてくれなかったことが、「リーダーシップを発揮できない局面でどうするか?」です。

>> 続きを読む

No196.スタートアップ膝栗毛 #11(リーダーシップ)

2012/11/13 00:29

近、自分の中で「リーダーシップ」という言葉がどんどん重みを増してきています。経営コンサルタントとして会社員をしていた頃は、クライアントのために懸命に働き、自分の担当領域に対して「オーナーシップ」を発揮したと自負していました。でも、「オーナーシップ」(絶対にやりきる責任感)と、「リーダーシップ」って、ちょっと違うんですよね。

私が「リーダーシップ」を考えるにあたって、とても琴線に響いた表現を3つご紹介します。

>> 続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。