No.スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No229.Think straight, talk straight

2015/04/29 23:29

日、前職の上司Aさんにお目にかかりました。

Aさんと仕事をしたのは、20代前半。そして今の私は30代後半。
大学卒業後、予期もせず1年半も、プログラマーとしてシステム開発・保守・運用の仕事に従事した後、Aさんのリードの元にアサインされたのが戦略系コンサルティングの仕事でした。何もかもが新鮮で、楽しくて、寝る間も惜しんで仕事をしていた、あの頃。

Think straight, talk straight


と言う言葉が、前職にはありました。目の前の課題を直視し、思ったことは臆することなく主張しなければ、コンサルタントとして価値はない、と。しかし、言うは易しです。特に、経験値豊かな人生の先輩を前にして、若造コンサルタントがこの言葉を体現するには、勇気が必要です。

そんな萎縮しがちな私に、常にThink straight, talk straightと言い聞かせてくれたAさん。あの仕事がなければ、私がITコンサルタントから経営コンサルタントにシフトすることもなかったでしょう。

そして、10年以上ぶりの再会。会うなり、開口一番、

お前、歳とったな。


えーーーーー。なんと新鮮な言葉なのでしょう。いや、言われて嬉しいわけではないんですけど。 というか、Aさんも歳とりましたよね?と反撃したくなりましたけど。

このままだと、単なるTalk straightなだけなのですが、後輩思いのAさんはすかさず

お前、今、33歳ぐらいだっけ?


と、実年齢より3歳ほど若く見積もって頂けました。

コンサルタントとしての原点を再確認できる師弟愛というのは、ありがたいものです。

スポンサーサイト

No107.コンサルティング転職塾 #07(号外)

2009/03/06 18:39

ンサルティング業界への転職をお考えの方にお送りしている、このシリーズですが、実は自分自身の頭の整理目的でもあったりします。

なぜ、頭の整理が必要なのかというと、MBA卒業後、同業他社に転職することにしたからです。結論を出すまでに3週間ぐらい、考え込みましたし、コンサルタントという職業は、MBA卒業後の進路として、物凄くありきたりでつまらないとも思いましたが、一方で、私の中で物凄く自然と腹落ちしています。

転職活動時には、他の業界もいろいろ覗いてみましたし、香港で現地情報も収集しました。その結果、何だかんだ言って私は、コンサルタントという職業に愛着を持っているんだなぁと、再確認するに至りました。

先日、社内でお世話になった方々に、退職のご挨拶メールをお送りしました。様々なプロジェクトに従事したため、仕事でお世話になった方々の多いこと、多いこと。文面を考え、送信先を洗い出し、入念に確認を重ねたのですが、やはりメールの送信ボタンを押す際には緊張しましたね。

留学して良かったな、と思うのが、自分の気持ちを素直に表現できるようになったこと。「ありがとう」とか、「好き」「嫌い」とか、「楽しい」「寂しい」とか。英語という直球勝負の文化が、私の表現スタイルを変えたのだと思います。
普段「ありがとう」という言葉を仕事上で使わなかったことが多かっただけに、こういう節目のメッセージは大事ですね。ありがとう、皆さん。



コンサルティング転職シリーズの過去履歴

第1回(プロフェッショナル): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-94.html
第2回(価値の源泉): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-96.html
第3回(チームワーク): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-97.html
第4回(モテる): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-98.html
第5回(成分分析): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-101.html
第6回(社内転職活動): http://kicosj.blog118.fc2.com/blog-entry-103.html


No103.コンサルティング転職塾 #06(社内転職活動)

2009/02/21 19:17

ンサルティング業界への転職をお考えの方以外からも、意外とご好評(?)のこの企画。
第6回のMyth(多くの転職者、並びに転職希望者が抱く、コンサルティング業界に対する間違った・曖昧な理解)は、「社内転職活動」です。

きっと「こんな面倒くさい就職活動なんて、できればもう二度と御免だ」と思っている就職・転職活動中の方もいらっしゃるでしょう。が、コンサルティング・ファームに入社すると、始終転職活動なのです。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No101.コンサルティング転職塾 #05(成分分析)

2009/02/13 15:53

の昔、成分分析占いというのが流行りました。コンサルタントという職業を成分分析にかけてみたら、こうなりました。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No98.コンサルティング転職塾 #04(モテる)

2009/02/05 10:34

れまで硬いトピックが多かったので、第4回は少しやわらかい話を。女性コンサルタントの立場から、経験則上、こう断言できます。

コンサルタントは、一般ウケするが、女にモテない職業である。


以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No97.コンサルティング転職塾 #03(チームワーク)

2009/02/02 12:28

ンサルティング業界への転職をお考えの方を、逆洗脳しようとするこの企画。
第3回のMyth(多くの転職者、並びに転職希望者が抱く、コンサルティング業界に対する間違った・曖昧な理解)は、「コンサルティングはチームワークである」です。

私が新卒でコンサルティング会社に入社した当初、こんな出来事がありました。初めてアサインされたプロジェクトでは、先輩コンサルタントがあまりに忙しく、初めの1週間は「とりあえずこの資料読んでおいて」と、分厚いファイルを渡され、座学の日々が続きました。

つまらない。眠い。でも、くだらないことで質問しまくって先輩コンサルタントの時間を無駄にしたくない。


そう思っていた時、アシスタントが忙しそうに会議資料を印刷している姿が目に入りました。

さて、あなたならどうしますか?

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No96.コンサルティング転職塾 #02(価値の源泉)

2009/01/31 11:51

1回は、「経営コンサルタントとはプロフェッショナルである」というMyth(多くの転職者、並びに転職希望者が抱く、コンサルティング業界に対する間違った・曖昧な理解)について、お伝えしました。

第2回のMythは、「コンサルタントの付加価値の源泉はである」です。すなわち、クライアントが高額なコンサルティング・フィーを支払うのは、自前よりも「質」の高いソリューションを得ることができるからだ、という理解です。
「質」ってそもそも何なのでしょうか。そして、本当に「質」だけなのでしょうか。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む

No94.コンサルティング転職塾 #01(プロフェッショナル)

2009/01/26 15:02

日、Goさんから「コンサルティング会社に転職するのですが、Key Success Factorsは何ですか?」と質問コメントを頂きました。すっかり遅くなってしまいましたが、今後数回にわたって、経営コンサルタントについて、私見を述べてみようと思います。

といっても、コンサルティングに関する業界本などは、数多あるため、普通にKSFだけ並べても面白くないでしょう。そこで、多くの転職者、並びに転職希望者が抱く、間違った・曖昧な理解を取り上げ、少し違った角度からコンサルティング業界について切り込んでみたいと思います。

第1回目は「経営コンサルタントとはプロフェッショナルである」という理解。
ある意味当たっているけれど、ある意味外れています。

以下、「続きを読む」リンクをポチっとクリックして下さい。
(RSSリーダーなどで表示されない方は、サイトまで見に来てね。)

>> 続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。